椎間板損傷と診断されてしまった

人間誰しも年は取りたくないものですが、皆さんは、どんな時にご自分の年齢を痛感されますか。

よく、年を取ると足腰が弱ってねぇなどと言われますが、30代や40代でこうした事を言われる方は少ないでしょう。

まあ歩くのが辛いほど足腰が痛くなるというのは、通常、高齢者世代に入ってからというイメージが強いのではないかと思います。

杖を頼りに

私もずっとそう思っていましたし、これまで軽い肩こりや腰痛はありましたが、足がしびれて歩けないなんていう事はありませんでした。

ところが、1ヶ月ほど前から、なんとなく腰の曲げ伸ばしをする時に違和感があって、不安には思っていたんです。

ただ、どちらかというとやや太り気味なので、それが原因だろうと思っていました。

ほら、太っていると、どうしても腰への負担が大きくなって、足が痛くなったりするという話をよく聞きますからね。

 

でも、椎間板は怖い、放置しておくと一生歩けなくなる人も多いらしいと妹に脅されて、渋々整形外科へ診てもらいに行きました。

すると、レントゲンどころか、後日MRI検査までされ、挙げ句の果てに椎間板損傷だと診断されてしまったのです。

今はまだ軽度なので、抗炎症薬を服用しながらリハビリを行なう事で様子を見る事にはなったのですが、それでも経過が思わしくなければ、手術の必要性も出て来るとの事。

 

 

思いの他重傷で、自分でもただただ驚くばかり、もうどうしていいのか分かりません。

先生は、手術と言っても、恐らく内視鏡手術になると思いますので、それほど大げさに考える必要はありませんよ、とおっしゃるのですが、やはり手術というのは怖いものです。

出来る事なら、なんとか薬とリハビリだけで治せればと願っています。

 

 

それにしても、別に激しい運動をした訳でもないし、普段からそんなに沢山歩いたり、自転車に乗ったりする事も、立ったり座ったりする事もないんですよ。

それなのに、椎間板損傷してしまうなんて、そういう事があるのでしょうか。

どうしても納得出来なくて、先生に尋ねたところ、これは40歳を過ぎると、決して珍しい現象ではないと言われてしまいました。

元々腰の椎間板というのは、加齢とともに弱り、変形して行くものなのだそうですね。

 

しかも、その腰の老化は早い人なら30代後半からもう始まるらしく、そうなると、ちょっとした事でも損傷してしまう可能性が大いに高まるそうです。

当然、私の場合は、やや太り気味なのも引き金になっているようなので、これを機に、いよいよ本格的にダイエットも考えなければと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>